Days on the Rove

好事家風情の日常。読書と散歩と少々の酒。

谷戸坂切通付近の宅地開発

以前ブログで紹介した、鎌倉の「谷戸坂切通」の周辺で宅地開発の計画があるようです。


2年前の谷戸坂切通南側
(以下切通の写真は2年前のもの)

現在宅地造成のための公示が為されています。以下計画図

一部拡大


*切通は茶色の筋の途中から3時方向に延び、その後一時方向に向かう道です

簡単な地図を用意

より大きな地図で 鎌倉谷戸坂周辺地図 を表示

計画図を見ると切通し南側出入口の右側部分が削られ宅地造成される計画になっています。
また、連絡道路部分も拡幅されるので切通近くにある青蓮寺(鎖大師)への隧道入口も破壊されるものと思われます。(隧道自体は既に消滅)

数年前に落石のため通行禁止になっていた切通ですが、この風景が見られるのもあとわずかかもしれません


切通はかなりの深さがある。とても人力で掘ったとは思えないほど。


南側から撮影。封鎖されている所が切通。切通から右側が造成予定。青蓮寺への隧道はこの写真左側にある。(写真無し)

補足:谷戸坂切通は東海道戸塚宿から分岐する鎌倉道からさらに分岐している江ノ島道の一部だと考えられています。
宅地・工場開発により現存部分は少なく、ルートの特定は難しいですが、JR小袋谷踏切付近で鎌倉道から分岐し、山崎小学校付近→富士塚→谷戸坂→腰越→江ノ島と行くものと思われます。

Copyright ©2006-2021 猫綱 (Nekotuna) All rights reserved.