Days on the Rove

好事家風情の日常。読書と散歩と少々の酒。

2019.05の読了本

壮大な実験のはじまり。そしてフレンチトーストが無性に食べたい。

ポルベニールブックストアにて購入。こういう出会いがある書店はいいね。

鎌倉のヒグラシ文庫有志によるZINE。書くのはヒグラシの酔人たち。面白い。ただ酔っているだけではないのだなw

著者 :
磯子区制50周年記念事業委員会「磯子の史話」出版部会
発売日 : 1978-06

磯子の暗渠の調査資料として。興味深い事柄が得られた。

同じ著者の城下町散歩ものと同じテイスト。こういう肩肘張らない登山(低山散歩か)の文章が心地よい。

最後に編者の若菜さんの文章。安西水丸さんとの関わりが書かれていて、これが何ともいいなぁと。

局所的に古本屋界隈で話題になったこれの版画家の画文集。たまに読み返したくなるような本。

5月は大して読めなかったかな。そして積読は定番のものが残っているという…。もう少し本を読みたい…そんな余裕が欲しい…

Copyright ©2006-2021 猫綱 (Nekotuna) All rights reserved.