Days on the Rove

好事家風情の日常。読書と散歩と少々の酒。

読了本 2022/06

2022年4月は23冊。電子書籍の漫画が多かった故。

本棚登録は59冊。購入は22冊/¥15275。

読んだのは何年ぶりのことか。時代的には古びてしまったけれど、ストーリーの熱さは古びてないなと。(原作者に長崎尚志の名前が加わっているのねぇ…)

MASTERキートン 完全版 デジタルVer.(2)
MASTERキートン 完全版 デジタルVer.(3)
MASTERキートン 完全版 デジタルVer.(4)
MASTERキートン 完全版 デジタルVer.(5)

古びていないなという感がある。俺自身もマスター・オブ・ライフ(人生の達人)にはなれずに迷走しているからな…。嗚呼。

著者 : 江口寿史
フリースタイル
発売日 : 2016-07-20

江口寿史はこちらよりも、ストップ!!ひばりくん!の方が、サブカルっぽくて良いな。
ただ、後から書いたであろう表紙絵はいい感じである。

これで最終号になるとはね…。市民グラフヨコハマからの系譜が途絶えることになる…

ゴールデンカムイ 2 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)
ゴールデンカムイ 3 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)
ゴールデンカムイ 4 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)
ゴールデンカムイ 5 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)
ゴールデンカムイ 6 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)
ゴールデンカムイ 7 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)
ゴールデンカムイ 8 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)
ゴールデンカムイ 9 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)
ゴールデンカムイ 10 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

アプリの無料期間で無理矢理読んだのだが、再読の必要にかられ購入することに、ちびちび読み進めるつもりが、結局沼に嵌まった感…

行くことが叶わなかった企画展の図録を代償購入したもの。
今後建築を眺める際はモザイクタイルにももっと目を向けるようにしなくては。
名古屋にモザイクタイルが多い理由を、近隣にタイルメーカーが多いと解説していたが、どうなのだろう。
首都圏でモザイクタイルがある建築をすぐに思い出せないぐらいなので、今後注意してみるようにしないとな。

今まで知見の無い路上観察の一例として。建築史的に興味が湧く。

日本民家園に行かないとなとあらためて。そして、三渓園を庭園としてみているだけで、建物を見ていないのだとも。

日本民家園もそうだが、三渓園を建築としてみた記憶がない。行かなくてはね。

同名タイトルのTVドラマのオフィシャルブック。いうなれば再確認だろうか。

ミーハーだとは思うが、お布施的に購入。

刺激的な1冊だった。藤森先生の専門的知識と山口さんの美意識がうまく相乗効果を生み出している。

こういうバディものの系譜(細野晴臣&中沢新一、みうらじゅん&いとうせいこう、赤瀬川原平&山下裕二)か。こういう本を読むと行きたいところが増えて困るなw

物語を巡る著者と登場人物たちのダイアローグ。久しぶりに月舟町に帰省したような気分である。

過去の作品の登場人物たちと物語とは何かを語り合う趣向。それぞれのキャラクターらしい意見を述べているので、そこがまた良い。
吉田さんはホンマに天才やなと思うよね。ただ、クラフト・エヴィング商會名義の作品も見てみたいところではある。

 

Copyright ©2006-2022 猫綱 (Nekotuna) All rights reserved.