Days on the Rove

好事家風情の日常。読書と散歩と少々の酒。

貨物線遺跡が出土

港の貨物線遺跡が出土/横浜市中区・東西上屋倉庫跡 -- 神奈川新聞.

再開発中の東西上屋倉庫の土中から貨車の転車台4基が見つかったそうです。

転車台は車両を回転させて向きを変えるための設備で、見つかったのは四基。いずれも金属製で直径は約二・四メートルあり、人力で動かす構造とみられる。四基は岸壁に向かって一列に並び、互いに線路でつながっている。それらと直角に交差する四本の線路もある。線路の幅は、JR線などと同じ一〇六七ミリだった。

 明治から大正にかけて、この一帯には輸入貨物を保管する上屋など、横浜税関の施設が集中していた。転車台は、震災で崩壊したこれらの施設のがれきとみられる”地層”の下、深さ七十〜九十センチの地中から見つかった。

もともと倉庫前にあった線路の他にも線路跡があったのですね。
こんな珍しい物、このまま壊してしまうのはもったいないです。
公園整備の際にどこかに残せませんかね。
整備計画決定はしていますが、予定はあくまで未定、
朝令暮改も悪くないんじゃないかな、この際。
臨機応変なんてのも悪くないと思いますよ。市長殿。

R0013665
GX100

写真右に見える倉庫の扉の前あたりに転車台があったのですね...

Copyright ©2006-2021 猫綱 (Nekotuna) All rights reserved.