Days on the Rove

好事家風情の日常。読書と散歩と少々の酒。

171117『東京の編集者』重版記念展「山高登が愛した昭和の東京」@コミュニケーションギャラリーふげん社

夏葉社からでた山高登「東京の編集者」の記念展。以前の東京古書会館の展示には行けなかったので、情報を知ったときには小躍りをしたぐらい。

元新潮社の編集者。当時から装釘を手がけ、退職後は木版画家として過ごしている方。昔の東京の写真もよく撮影されていて、それが「東京の編集者」にも多数掲載されている。今回はその木版画と写真の展示。

11/7-18『東京の編集者』重版記念展「山高登が愛した昭和の東京」

木版画の温かみはやはり実物に限る。丹念に眺めた。写真のキャプションで、場所を特定できた写真もいくつか。そうか、あんな場所だったのか。(牛田とはね)

開催されたスペース(コミュニケーションギャラリーふげん社)は書籍の印刷会社の事務所。そこの一部を書店・ギャラリー・カフェとして開放している場所。とても素敵な空間で、しばらくのんびりと過ごしていましたよ。また再訪したい。

nekotunaさん(@nekotuna)がシェアした投稿 -

2017 11月 17 2:42午前 PST

敬愛する歌人・水原紫苑さんのトークイベントも開催されているので、サイン本が販売されていた。つい購入。
秋田の日本酒手ぬぐいは、新橋の交通会館内の秋田のアンテナショップで購入。

突然のオフになったこの日は、自分の誕生日でもあった。いいプレゼントを貰った一日だった。感謝。

Copyright ©2006-2021 猫綱 (Nekotuna) All rights reserved.